Make our garden grow

北半球にあるこの島の3月はまだ冬。しかし、あと数日も経てば春が来るだろう。

たぬき開発の資料映像によると、春になると広葉樹は桃色に染まるようだ。

島に着いたばかりで家具や装飾が揃っていない。また、この島に咲いている花はパンジーであり、チューリップではなかった。春のお花見を楽しむためには手を入れる必要がある。

幸い、離島ツアーでチューリップが群生している島を訪れることが出来たため、何株かを持ち帰り島に植えることが出来た。

桜がたくさん咲くお花見スポットを作ろう。それがこの島で最初のスポット作りのテーマとなった。

広場の横に作ったらみんなが訪れるのではないか?

広葉樹の苗を購入し植えていく。最初は5本から始めることにした。広葉樹は密集して植えると育たないことがあるらしい。この5本以外は他の場所に植えて育てたものを移植することにしようか。

設置する家具は白で統一していくことにした。そのため、チューリップも白だけを選別して植え替える。アクセントに一本だけ赤いチューリップを飾ることにした。春になったらここで桜を見ながらお茶を飲むつもりだ。

木の陰にバードパスと貝殻の噴水を隠し入れる。果たして小鳥たちは集まってくれるだろうか?

リンゴが実る…

3月28日。どうやらリンゴの木の苗を誤って植樹していた箇所があったようだ。果物の木は果実が実るまでそれが広葉樹なのか果物の木なのか見分けがつかない。急いで他所にある広葉樹と植え替える。4月になる前に気が付いて良かった。

ロケハン

ようやく満足がいく木の配置ができたので、カメラテストを行う。あと2日でここは桜の庭になるのだ。白いチューリップが知らない間に増えていた。ピンクとホワイトの美しい庭になるだろう。とても楽しみだ。

お花見のための服を用意したいが、この島にはまだ服屋はない。他の住民たちから分けてもらった服を着るのも良いが、ここは自分なりにデザインしてみようと思う。

4月になるとイースターが始まるとのことなので、イースターをイメージしながらマイデザインを行う。最初から用意されているストライプのシャツのデザインをアレンジしながらシャツを作り、そのパレットで帽子のデザインも行った。

水色と黄色がかわいいデザインが出来上がりとても満足である。このデザインはこの島に来る前に訪れたテーマパークで、主役のネズミのキャラクターがイースターのお祭りの際に身につけていた衣装を参考にしている。

また、イースターボンネットはデザイン的には難しかったので、黄色いリボンが着いた水色のハットも作成した。お揃いで身につけると統一感が現れてとても可愛らしい。

しかし、この島では様々な事情からパンツのデザインができないようだ。ピンクのマルチストライプのホットパンツは入手したものの、同デザインの青を手に入れることが出来なかった。

さらに配色をアレンジ!

そこで、水色のストライプのシャツをさらにアレンジし、マルチストライプのホットパンツに合わせた配色を作成。春の華やかな印象のセットアップが完成した。

やはり男の子にはピンクが似合う。

この手作りのシャツを着て早くお花見がしたい。期待は高まるばかりである。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。