ゲームフォーラムで見た様々なトラブルと対応について

今日もゲームフォーラムの話ね

ゲームフォーラムっていうのは

そのゲームサービスの内容について発現する

掲示板的なサービスっていうつもりで書いてます

海外では一般的な「フォーラム」

最近はテラバトルを中心に生活しているので

またテラバトルの話をするんだけど

このサービスは日本だけじゃなく、世界各国でリリースされていて

海外ファンがフォーラムを立ち上げてた

Terra Battle Forum

先日紹介したファミ通の攻略サイト

どうやら日本でしか提供されていないらしくて

海外ではこちらが盛り上がっている様子

 

既に数千件のコメントがやりとりされており

チャットでも会話が展開していた

プレイヤーが悩んでいるのは万国共通らしく

「ランナーが逃げる」「マネマネが強い」

「最強のSSは誰なんだ?」

「バハムートとオーディンはいつ出てくるんだ?」

等の会話が繰り広げられている

でもフォーラムにはいろいろなデメリットも…

海外ではwikiもフォーラムもファンが立ち上げて

運用するのが一般的みたいだね

 

ただ、いろいろ調べていくうちに

下記のようなトラブルを見かけることが度々あって…

  • アカウントハック
  • 書き込みに対する不信(信ぴょう性)
  • 運用開発関係者になりすますユーザ

アカウントハック(ソーシャルハッキング

海外のフォーラムへ書き込みを行うには

登録が必要となっている場合がある*1んだけど

リテラシーが低いプレイヤーが

ゲームアカウントの引き継ぎに必要なパスワードと

このフォーラムのログイン情報のパスワードを同じにしていたため

フォーラムの関係者が

アカウントハックを行うという事案が発生

信ぴょう性

有志で運用されているフォーラムであるため

情報の信ぴょう性にかけている

その為、間違った情報が数ヶ月放置されることもあり

風評が流布され、運用に影響を与える事案が発生

運用開発関係者へのなりすまし

説明必要?

目覚めし冒険者の広場(ドラゴンクエスト10

さて、それらのトラブルの対処を

みんなどうしてるのかなーと思って探したら

意外なことに日本で見つけたんだよねw

結論から書くと

公式フォーラムにしちゃえ!」ってことなんだけどw


目覚めし冒険者の広場-ドラゴンクエストⅩプレイヤー専用サイト

f:id:jKandai:20141025134744j:plain

日本におけるフォーラムの成功事例として注目しているのが

ドラゴンクエスト10のフォーラムで

ゲーム規模が大きいので、必然的に盛り上がると思うんだけど

 

  • 運用開発関係者が話題を提供
  • 発言行為に制限をかけてコミュニケーションコストを節約
  • 重要な発言を差別化し、話題を集中させる工夫

 

などがしっかり行われているので

俺の中では「日本一運用センスが良いゲームフォーラムサービス」だと思っている

さっき話したデメリットは全てクリア

公式サービスなので

サービス運営関係者によるアカウントハックは考えられないし

プロデューサを始めとして様々な人が登場するので

情報の信ぴょう性も担保されている

関係者本人のアカウントは

プレイヤーのアカウントとは差別化されており

なりすましなどの混乱は起こらないのである

フォーラムを盛り上げる工夫や制限

このフォーラムサービスは

重要な提案や集中してもらいたい話題を運営者が拾い

提案することで

場を盛り上げているのが特徴だと思う

1人の発言者の影響が大きくなりすぎることを考慮してなのか

同じスレッド上での

同一発言者の発言回数が制限されているのも珍しいよね

それらは海外のフォーラムでは見かけることが少ないので

実に興味深い!

ここからは俺の雑談です!

ここから話が変わって

最近の俺の仕事の話(愚痴含む)になっちゃうんだけど

俺のブログだし

書きたいと思ったから書いてもいいよね…??w

 

現在も様々な方向から

プレイヤーにゲームを楽しんでいただけるように

メディアやら攻略サイトやらを提案しようと準備中してるのですが

ゲーム会社でそういうことを提案するのって

本当に難しいなって通関しています

なんていうか

プロデューサーは統計より強し!w

 

オンラインゲーム化や

ソーシャルサービスを利用したプレイヤーの大量獲得が

年々効果を上げ続けていることを考えると

プレイヤーが遭遇する様々なトラブル対応について

従来の「メールで行う1対1の対応」では

限界が来ててね

 

大規模なサポートセンターでも作ればいいの?

なんてことになるのですが

1年未満で畳んでしまうサービスが沢山あるので

それも現実的じゃないんですよ

 

いろいろな解決策はあると思っているけど

今のところ

サポートチーム自体を縮小して

他の方法でプレイヤーサポートを実現することが

一番効果的じゃないかなーって考えてます

*1:そして海外のプレイヤーはこの登録にとても積極的だ

カテゴリーWork

コメントを残す