帝一の國

2017/04/11、国際フォーラムAで行われた、映画「帝一の國」完成披露試写会に行ってきました。いきなり出演者らによる和太鼓の演奏が有りましたよ!

菅田将暉&野村周平ら「帝一の國」キャストの太鼓演舞にファン4000人熱狂! : 映画ニュース – 映画.com

美少年たちが、ふんどし姿で、和太鼓!!

最近の試写会ってスゴイですね。

特撮俳優が好きなので、シリーズ終了後も役者さんを応援しており、出演する舞台や映画はよく観るのですが、今作品では、歴代のレジェンドライダー2人とレッド役3人が揃っており、かなり眼福ものでした。また、原作者の古屋兎丸さん作品「ライチ☆光クラブ」映画版から間宮祥太朗さんと野村周平さんがジョインなさっていて、「そんなことって実現するんですか?」というまさかのキャスティング。完璧です。

こうなると、順番から考えて、次は吉田鋼太郎さんが仮面ライダーになりそうですね。とても楽しみです。

この映画の見所の一つは、若い俳優たちがどの様に演技と対峙していくのかを覗けるところだと思います。各俳優ごとに、持ち味を活かしている部分と演じるキャラクターの性格が共存しており、新鮮な驚きに満ちあふれていました。俺みたいな俳優好きにはタマラナイ作りになっていたということです。

菅田さんは「海月姫」や「あけがらす」で主演をなさっているのを拝見し、個性的だけど親しみが持てる役者さんだと思っています。本作品でも活き活きと赤場帝一役を演じていて、「あー、この役演じるの楽しそうだなー」って感じました。生徒会長になることに命をかけていて融通が利かず、独断的な性格のキャラクターは、他の人がやったら、イヤミな部分が鼻についてしまうんじゃないかって思うのですが、菅田さんの魅力で、好感が持てるキャラクターになっていたんじゃないかな。

間宮さんと野村さんは「ライチ☆光クラブ」にも出演なさっておりますが、「帝一の國」では、ライチとは正反対のキャラクターを演じていらっしゃり、これもまた新鮮でした。間宮さんにいたっては、つい最近まで、「お前はまだグンマを知らない」というドラマでスクールカースト底辺の役を演じていたので、氷室ローランドという頂点キャラを演じている姿に、「この人、役の幅がすごい!!」とビックリ!

ストーリーもテンポ良く進んでいくので、本編にはとても満足です。しかし、エンディングで流れるダンス、ヒロイン1人で踊っているから、なんか浮いてる気がするんだよね。テレビでアナと雪の女王をやった時みたいに、出演者みんなでやってくれれば良かったのにーと、残念に感じました。可愛かったけど。

まあ、でもあれ、映画が公開された後に、ダンスレクチャービデオとかがYouTubeにアップされるんじゃないかなみんなで踊ると楽しいと思うし。

試写会では、来場者に対してもフォトセッションタイムが30秒ほど設けられました。カメラ持っていけばよかった!!よく「この写真はiPhoneで撮影しました」とかCM流れるけど、アレ絶対ウソ。「iPhoneを使ってプロが撮影しました」が本当だと、こういう時に思うんだよねw

でもさ、最近は、観客に対してもフォトセッションが設けられることが多くなっているように感じますね。ミュージカルでも、カーテンコールは写真OKのものが増えていますし。海外のライブでは写真とSNSへの投稿を許可している場合もあるようなので、日本でもますます増えていくのではないか、と。

また、ロビーや劇場内で自撮りをする女性が多いことにも気が付きました。これは、ミュージカルや演劇の会場ではあまり見られない光景じゃないかな。将来は彼女たちが劇場のメインゲストになると思うので、フォトブースの設置や、ポスターの配置などを用意する劇場作品が増えていくのかもしれないなーと思いました。

コメントを残す