人は見た目が100パーセント 第2話

「人は見た目が100パーセント」の第2話(あらすじ)は、ちょっと残念な感じ。思ったほど成田凌さんは出てこないし、1話の繰り返しの様な展開(むしろ1話より劣化してる)は退屈。何よりも、フェアリーゴッドマザー役だと思っていた國木田が、単なるギャグキャラに成り下がっていて、「もうキャラ崩壊?」ってのがガッカリ。

女子モドキが研究頑張る→挫折→國木田→なんかキレイになるっていう流れを期待していたんだけど、國木田まで女子モドキに流されて微妙なファッションに落ち着いたので期待はずれだった上に、室井滋さんが演じる統括マネージャーの松浦栄子が、「女子モドキに仕事を与えない」というブラックな感じを告白しちゃって…。

松浦の事を知っていて國木田は「もっと身だしなみに気を遣いなさい」って忠告していたと思うんだけど、第2話の時点でただの悪ノリキャラになるのは、この先の展開を不安にさせるなー、と。

しかも、今回は、城之内は、おしゃれから目を背け続けるだけなんですよね。ファッションも適当に選んでいるし、結局ヘアメイクもやらない、結婚式でも地味だし、その割に、結婚に対してぐらついているシーンが多く、やっぱり、そういう展開は必要だと思うんだけど、全体的にこれだと、つまらないなーって。やっぱり、1話で1つはキレイになっていくってシーンがあると良いと思うんだよね。

まあ、このタイミングで少しきれいになってしまうと、松浦の「私、あなた達のような人がオフィスで働いていることに耐えられないの」というシーンの説得力がなくなってしまうのかもしれないけど…。

そんな中、成田凌さんが演じる榊圭一が登場するシーンは丁寧に進んでいくので面白いですね。城之内が髪を触らせてくれず逃げまくってるシーンでは怒りもせず、夜に再開したらすかさず呼び止めるとか出来過ぎ。イケメン故の心の余裕、キャパの広さ、顔の良さ。うーん、全体的にズルい。「きれいな髪ですね」って言うシーン、俺がやったら警察きますね。

 

コメントを残す