ニコニコ闘会議でスプラトゥーン!

f:id:jKandai:20150131114858j:plain
ニコニコ闘会議!
スプラトゥーン目的だったので、早速ブースへ向かったのですが、既に整理券を配ってました!!
並べばいっぱい遊べると思ったのに!!
と、いうことで、まだ遊んでいませんw

ペインターとシューターのロールチェンジ!

遊んでいる人の様子を見ていますが、上手い人たちは無言でペアを作って、ペインターのロールとシューターのロールを交代で担ってて、「本当に初見なの?」と疑問にw
相手チームの色の足場では、動きが遅くなり、インク補充がなされず、体力も回復しないみたいなので、いかに素早く自分の色に塗り替えるかが重要みたいですね!

ボムは奇襲用?

意外とボムの効果範囲が狭い雰囲気。
多分アバターで強化できるんだろうけど、ペインターとシューターでボムの役割が変わりそうですね。
ただ、奇襲前にボムを投げておくのは有効そう。

早くやりたいw

あと一時間くらい待たないと遊べないですw
たくさん並ぶつもりだったんだけど、今日は一回しか遊べないみたいなので、その一回に楽しめるだけ楽しみたいなー!
遊んだら追記書きますw

近くの味方にイカジャンプ?

ライバルたちに囲まれた時に、近くの味方へ大ジャンプするプレイをしている人がいて、とても興味深かった。

大混戦になったときのボムの投げ合い

さっき、ボムあまり役に立たないのでは、って書いたけど、混戦時は足場の固めあいになるね!
ボムの重ねがけで、塗る塗られるの大攻防が面白い感じ!
そういうことを考えると、ボマーってロールもありえるなー…。

スプラトゥーン面白いよ!!

遊んできました…!
一回目は一位だったので、マフラー欲しいとかスタッフに話してはしゃいでいたんですが、二回目は散々な結果に!!
マフラー貰えなかったよー><
遊んでみた感想は…もっとやりたい!!

ずっと下向いてるw

自分ではそのつもりないのですが、wiiパッドの向きとか感知してるらしく、気が付いたらずっと下向きながら歩いてました。
Yボタンでカメラ正面に向けるの忘れてた><
その分地面は丁寧に塗り潰されてました。
こういう丁寧な作業でも得点入るんだね!

初プレイで連続2キル気持ちいい!

地面を丁寧に塗ってたら、味方がすごい勢いで襲われてたので、大ジャンプを使って駆けつけたんだけど、その結果、連続2キル達成できました!
すごい嬉しかったし、興奮した!
キルを取るコツは、無理に遠くから撃ち合おうとせず、接近してペイント弾を撃ち込む方が良いみたい。
そのお陰で一回目は一位!
しかし二回目はキル狙いすぎてやられちゃいました〜><
もう俺絶対スプラトゥーン買う!!
こういう体験もっとしたい!!

闘会議で今度はチームでスプラトゥーンをやりたい

俺ね、やっぱりゲームで対戦するなら、相手の顔が見えている方が面白いね!
もし家で2キルとったとしても、こんなに興奮しなかったと思う。
隣に人がいて、話しながら、目の前のライバルに勝つのって、空手道の大会以来だなぁ。
今度は4人でチーム組んでやりたい。
絶対面白いよ!
あと、俺、隣で同じチームだった人と仲良くなれる気がした。
軽く会釈するくらいの関わりしかなかったんだけどね。

実況プレイにも期待

プレイしながら実況するのも楽しそう。
それから、友達のプレイ見ながら盛り上がるのも良さそうだなって思った。
だから、スプラトゥーンのtwichのチャンネルとかすごい楽しみ!
ゲームって、本当にいろんな楽しみ方があるね。
久しぶりにワクワクしちゃった。
スプラトゥーン、いつ発売するの?
待ちきれないよ!

ニコニコ闘会議でスプラトゥーンがとても楽しみ!

明日、ニコニコ闘会議に参加しようと考えてて、前売りのチケット買ったんですよ。
そうしたら、優待チケットが会社に沢山届いたらしくて、もうラッスンを待ってマッスンみたいな感じです(早く言ってくれよ!!)。


闘会議2015 ~ゲーム大会とゲーム実況の祭典~

本当は2日とも参加したかったのですが、いろいろ予定があり、どうやら参加できるのは31日だけになりそうです。
31日だけということなので、俺の目的は「スプラトゥーン」に絞られたのでした。


Splatoon(スプラトゥーン)|Wii U|任天堂 E3 2014情報

f:id:jKandai:20150130152048p:plain

twitterで遊び方が説明されてるぞ!

そんなにボタンを使わないのかな?
家に帰ったらイメトレしよw

twitterで対戦用のマップが公開されてるぞ!

このマップを頭に叩き込んで、明日は存分に楽しみたいと思います。

行けない方はニコ生をチェック!

ニコ生でスプラトゥーンブースの様子が中継されるようです。
みんながどんなプレイをするのかを見ているのも楽しそうですね!!

スプラトゥーンが切り開く!?「バトルアリーナ」ジャンル

このブログでは「Vainglory」というゲームの話題を、たまに取り上げています。
これは、「MOBA(Multiplayer Online Battle Arena、通称モバ)」と呼ばれるジャンルのゲームにあたるのですが、「スプラトゥーン」は、このジャンルに近いゲームなのかなって思っています。

ちなみに、日本には「mobage」という有名なゲームプラットフォームがあるため、俺は、このジャンルを説明する時に、「MOBA」という単語ではなく、「バトルアリーナ」を使う場合が多いです。
「MOBA」と説明すると、たいていのゲーム関係者が「mobage?」ってなった経験から、そうしています。

話を戻しますね。

日本ではまだ、この「バトルアリーナ」というジャンルのゲームはヒットしていません。
リリースされていないわけではないのですが、代表作と呼ばれるに至るヒット作が生まれていない、という状況だと、俺は考えています。
一部の伝統的なゲーム業界を重んじる人たちの間では、「バトルアリーナは日本人に向いていない」というような話題が度々上がるのですが、その根拠となる事例には、必ず反論できる話題が用意されているように思うんですね。

「スプラトゥーン」が登場することで、日本が「バトルアリーナ」を受け入れる準備ができてくるのではないかと、楽しみでしょうがないんですよ。

任天堂の新作Splatoonが本当に楽しみ – パラダイスインフォ

会社でいろいろバカにされるけど、俺は2015年は、日本における「バトルアリーナ元年」になると予想してますからね!

又吉直樹さんの「火花」を読んで

先日、毎月の振り返りエントリーで「最近小説オススメしてくれる同僚が会社やめちゃって〜」と書いたところ、twitterのダイレクトメッセージで、「小説の雑誌買ってみたら?」という連絡を受けた。

小説の雑誌があるってこと自体知らなかったから、「文學界」というのを買ってみた。

文學界 2015年 2月号 (文学界)

文學界 2015年 2月号 (文学界)

 

表紙に並んでいる作家陣のほとんどが知らない人たちだったので、とても興味深かった。
知っている作家って、東野圭吾と宮沢賢治と田中芳樹くらいですけどね。

あと、表紙に謎の絵が描かれていたので、他の白い表紙のやつより面白そうだった。

又吉直樹さんの「火花」って小説が面白かった

読み終わった後に表紙を見たら、又吉直樹さんのデビュー作とか書いてあって、作家名でググったら、見たことがある芸人さんがヒットして、「でもデビュー作とか書いてるから違う人なのかな?」って思ったのね。

本人でした!

芸人が書いているという先入観が無かったので、「すごいリアルに芸人さんの話掘り下げるんだな」と思ってしまいました…。
作品は全体的に分かりやすい文章で構成されていて、非現実的な登場人物「神谷さん」の人間性に面白みを感じられる内容でした。
セリフの一つ一つに「面白いとはなにか?」みたいなテーマが含まれているように感じ、それは自分の仕事と重なる部分が多かったので、最後まで一気に読んでしまいました。

太鼓たたきのエピソードがとても心に残る

物語の中盤は、主人公の「神谷さん」が東京に上京してからの数年を描いているのですが、その間に、弟子の「徳永」にいろんなことを語っているのね。
その中でも公園でたまたま見かけた太鼓叩きとのエピソードがとても好き。

「お前がやってんのは、表現やろ。家で誰にも見られへんようにやってるんやったら、それでいいねん。でも、外でやろうと思ったんやろ? 俺は、そんな楽器初めて見た。メッチャ格好良いと思った。だから、どんな音すんのか聴きたかったんや。せやのに、なんで、そんな意地悪すんねん。聴かせろや!」

という「神谷さん」のセリフから始まる流れは、この後、幾つかに流れに分岐してて面白かったんだけど、俺はやっぱり、この引用したセリフがとても好き。

男がどのような経緯であの楽器を手にとったのかは分からない。しかし、男は世界のために人生を賭して楽器を叩くべきなのだ。その美しい世界を台無しにするのも、また本気の刃でなくてはならない。

この大好きな章は、エンターテイナーや寛容な者たちへのリスペクトで締めくくられているんだって思ったの。
この文章も、さっき引用したセリフも、「神谷さん」が何を尊敬していて、何を価値が無いと思うのかを象徴しているようなので、俺にとって、とても印象的なエピソードになっているんだよね。

他のシーンでも、様々な形で「面白い」という状況にアプローチしているんだけど、その一つ一つに説得力があるような気がする。
これ、同僚に読ませたいかも。

ゲームはどうして面白いんだろう?

この火花に登場するライブコンテンツに関する「面白さ」へのアプローチは、ゲーム作りにも通じているんじゃないかなーってぼんやり感じる。
「神谷さん」より「徳永」の視点からの考察に共感するのが多いのは、もしかしたら似たようなことを考えて生活しているからなのかもしれない。

この小説は度々読み返すことになるかもしれない。
俺が「面白い」を見失った時、この小説は、何かしらのヒントをくれる気がするんだ。

パズル&ドラゴンズ スーパーマリオエディションが楽しみ!

f:id:jKandai:20150108144858j:plain

PUZZLE & DRAGONS SUPER MARIO BROS. EDITION(パズルアンドドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション)公式サイト
先ほど発表がありました。
パズドラZは結構遊んだので、マリオエディションも楽しみ!

ニコ生でプレイ風景が流れましたね

システムは「パズドラZ」っぽい印象です。
「Zドロップ」に似たシステムも導入されているのかな。
コンボをつなぐと「1アップ」するシステムが入っているようなのですが、「1アップ」すると何が起こるんだろう…?
パズドラZ

パズドラZ

 

対戦モードは無さそう?

スペックを確認するに、対戦はなさそうです。

f:id:jKandai:20150108151240p:plain

パズドラWが面白かったので、もっと気軽に楽しめるようになると良いのになー、なんて思っていたんですけどね…(残念)!

本家のパズドラの方で対戦が導入される予定だと発表があったので、そっちを楽しみにしています。

ニコニコ闘会議でプレイできる!

ニコニコ闘会議で体験プレイができるようです!
闘会議は参加予定なので、是非楽しんでこようと思います!!

データが引き継げる体験版Downloadがあることを期待しています。

目的はパズドラ世界展開!?

任天堂の販売チャンネルを通じて、海外でも販売されるとのことです。
本家パズドラの海外での評判はどうなんだろう…???

あと事情を知らない海外の人は「ドラゴンどこにいるの?」ってなりそうw
ヨッシー?w
それとも、パズドラから世界観を邪魔しない形でモンスターが参戦するのかな?

新しい家族が増えました

あけましておめでとうございます。

新年早々家族が増えましたので、報告致します。
f:id:jKandai:20150103195731j:plain
ツムツムの家族が増えまして、この通りになっています。
今回増えたのは、ドナルドダックのティッシュボックスと羊のクマのプーさんです!
羊プーは、最後の3匹のうち、1匹を引き取りました。
顔の露出などがツムごとに異なる造形だったので(お店の人がそう言ってた)、どの子にするか迷ったのですが、結局最初に手に取った子にしました。
せっかくなんで、我が家のドナルドダック家族写真も写メぱち。
きゃわわ!!
今年もディズニー満喫しようと思ってますので、よろしくお願いします!!

砂を金に変える2015年が始まったよ!

2015年が始まりましたね!!
今年はどうやら砂を金に変えるようなことが沢山起こる1年になりそうです。
と、その話をする前に、毎月恒例の12月の振り返り!

12月だし今年最後の本気を出し惜しみする – パラダイスインフォ

以下、2014年12月と2015年1月のことなど…

“砂を金に変える2015年が始まったよ!” の続きを読む