「ソーシャルゲーム業界」という括りでゲームを語るのってどうなんだろ

日本の「ソーシャルゲーム」という括りの幅が大きすぎて、その括りで分析を行うとデータマイニング芸が映えるなー、なんて思っています。

newspicks.com

この記事内で提示される500億の壁」は狭い状況で作られた幻影で、「ソーシャルゲーム業界」(?)という世界が狭いだけじゃないですか。
そもそもこの記事、「プラットフォーマーとコンテンツメーカーが混在」「タイトルで見るべきケースと企業全体で見るべきケースが混在」してて、雑だし。

「ソーシャルゲーム」とは

ソーシャルゲーム – Wikipedia

ソーシャルゲームは、下記の2点を満たしていると定義していますね。

  1. SNS上で遊べる
  2. SNSアカウントとブラウザで遊べる

「ソーシャルゲーム」について何か議論をするとき、その効果範囲を最初に定義しないと、「じゃあクラッシュオブクランはソーシャルゲームなの?」「キャンディクラッシュはソーシャルゲームだよね?」みたいなよくわからない議論が展開されることが、実際にたくさんあります*1

極端な話、「バンダイナムコエンターテイメントは?」「スクウェア・エニックスは?」なところまで発展してもおかしくないでしょう。

SNSが縮小しているから売り上げに限界がある

ソーシャルゲーム業界は飽和しているかどうかについて意見を求めるコメントがNewsPicksでついていました。

ミクシィが絶好調ではあるのだが、グリーやガンホーも500億直前のところまで絶好調で伸びて、その後に線がポキっと折れたこともあり、どうなるか。全体としては、市場が飽和しているのか、それとも例えばDeNAの任天堂IP活用など含めて再成長するのか。(一部抜粋)

Kato Jun
ユーザベース チーフアナリスト

「SNS上で遊べる」という条件を考えると、スマートフォンにおけるSNSの利用時間が縮小していることから、ソーシャルゲームは飽和というより、そもそも市場が小さくなっているだけでしょ。

プラットフォームに依存した流通形態なんだから、。

スマートフォンゲーム業界として考えるとどうか

SPEEDA総研の記事は、スマートフォンゲーム業界で考えるべきでしょうね。

既存企業が良くも悪くもファットなので、そこから壁を超える企業が出てくる可能性は低く、全く新しい企業がこの壁をサッとこえて既存企業が焦る、みたいな展開を(勝手に)予測しています。

Nintendoの参戦で状況が変わる感じもありますね。

ゲーム業界全体で考えるべきなんじゃないの?

Nintendoやバンダイナムコエンターテイメントなどがプレイヤーとして参加し、海外企業もどんどん割り込んでくる業界なのに、なんでGREEとかDeNAとかの話ばかりしているのだろう???

みたいな。

*1:クラクラはソーシャルゲームじゃないけど、キャンディクラッシュはソーシャルゲームです

ゲームサポートとオンラインサロンのアイデア

期末なんでwたまには仕事の話をするね。
仕事の話って言っても、たった今思いついちゃったからブログに書いておくだけなんだけどねw

大規模なゲームサービスのカスタマーサポートをサロン形式で運用できれば、運用コストを抑えながら、今よりも解決までの時間を短縮させられるのではないか、なんて考えています。

f:id:jKandai:20150413005803p:plain

何をやるのか

以前から社内に対して、下記の提案を行っているのですが、「決め手にかけるからみんなピンと来ないのかな?」って感じ。

  • フォーラム型のQ&Aコミュニティの設置
  • オンラインマニュアルを主旨としたFAQサービスの提供
  • テキストマイニングを利用した対応担当者評価の仕組み

Q&AやFAQのメンバーをどうやって集めようか、なんて考えていたんだけど、社内外からサービスを良くしたい、ゲーム業界に興味がある人を集める場があって、そこで協力者を募るのはどうだろうか、って思ったんですね。

以下のようなことをするのは、オンラインサロンっていう形式がマッチしそう。

  • ゲームサービスのカスタマーサポートについて意見交換
  • オピニオンリーダーによる提案
  • FAQやQ&Aの運用コミュニティ形成とメンバーの交流

他にもやりたいことはあるなーって思う…。

どこにその需要があるのかってのは、まあ、フラッシュアイデアなので、いったん放っといてますw

どうしてやるのか

ソーシャルゲーム関連企業が提供するゲームサービスのカスタマーサポートは、メールによる1対1の対応のまま、8年くらい経つんですね。
プレイヤーの質が変わってきたなと感じるのですが、対応方法は昔のままなので、どうやってプレイヤーとコミュニケーションを取るのかについて、いろいろ研究しているわけです。

この記事で触れましたが、1対1のメールによるカスタマーサポートに、ソフト面、ハード面で限界が近づいてきているなって思います。
e-sportsが活発になると、更に顕著になってくると予想しています。

n対1、もしくは、n対nの形式でサポートしていけないのであれば、この問題に悩まされ続けるんだろうな、なんて考えていたところに、「オンラインサロン」という情報が入ってきたので、「これ、面白そう」って思ったんだよね。

ゲームフォーラムや攻略サイトを、2ちゃんねるやapp bank、ファミ通らにお任せするっていうのは、会社の判断としては間違っているわけではないのですが、ゲーム運用やサポートの立場から見ると、閲覧履歴や検索履歴など、プレイヤーのニーズが分かる情報が、自分たちのコントロール外にあるっていうのは、非常にもったいないと感じています。

例えば、「攻略wikiで何が検索されているのか」が分かれば、能動的にその情報をプレイヤーに提供できるようになり、結果として、その件に関する問合せ数を少なくできるんですよ。

プレイヤーを本当に大切にするなら、プレイヤーと一緒が良い

俺はゲームに関わらず「プレイヤーと一緒にサービスを良くする」という発想が大好きで、昔からその考えをもとにコマースをやったり、電子書籍をやったりしていたのですが、ゲームの運用については、他のサービスに比べて、「プレイヤーと公に接点を持つ」というのがより重要だと感じました。

商品が常に未完成で、アップデートが繰り返されること、同じ商品を利用するカスタマーが何百万人と存在すること、などが理由です。

そこで、コミュニケーションマネージャー、コミュニティ管理者といった職種、職能に興味を持っています。

類似の仕事として、twitterアカウントでは、DeNAゲームサポート消滅都市公式アカウントを、755の軟式サポート辺りの動きに興味があります。

また、パズドラのプレイヤー接点の持ち方は、非常に斬新なので、常にチェックしています。

いつも書いているVaingloryも、海外のゲームコミュニティについてとても参考になります。

これらのサービスには刺激を受けっぱなしです。

良いゲーム体験をプレイヤーに与えることが、最終的に運営企業の利益になります。
しかし、カスタマーサポート、プレイヤーサポートについて注力している企業はどの程度あるのでしょうか。
多くの企業は、目の前の問題を片付けることに精一杯で、その先の顧客感動に誘導できていないなって感じます。

ゲームを遊んでいる人が本当に好きなので、俺はゲーム開発より、ゲームを遊んでいる人のサポートをもっと発展させていきたいって思ってるよ!
一緒にこういう話が出来る人が集まったら、もっとゲームは面白くなるんじゃない?

備忘録のつもりなんだけど、今までのまとめみたいになっちゃったので、この辺で。

サービス・プロフィットチェーンの話

最近、こういう本を読んだので触発されて書きます。
でも、このブログの内容は、下記の本とは一切関係ありませんw

人と企業はどこで間違えるのか?

人と企業はどこで間違えるのか?

 

すぐに影響されて昔話を始める(しかも長くてクドイ)のが俺の悪い癖!

昔いた部署の話

俺がマネージャーをやっていたある部署は、職種柄、外部からのストレスを強く受けるところだったんだので、せめて職場環境は良くしておこうと思って、多分、他のマネージャーより強く、その環境整備に力を入れていたんだよね。

でも、いろいろあって、俺はやっていることを全部他の人に引き継いで移動することになった。

“サービス・プロフィットチェーンの話” の続きを読む

ゲームフォーラムで見た様々なトラブルと対応について

今日もゲームフォーラムの話ね

ゲームフォーラムっていうのは

そのゲームサービスの内容について発現する

掲示板的なサービスっていうつもりで書いてます

海外では一般的な「フォーラム」

最近はテラバトルを中心に生活しているので

またテラバトルの話をするんだけど

このサービスは日本だけじゃなく、世界各国でリリースされていて

海外ファンがフォーラムを立ち上げてた

Terra Battle Forum

先日紹介したファミ通の攻略サイト

どうやら日本でしか提供されていないらしくて

海外ではこちらが盛り上がっている様子

 

既に数千件のコメントがやりとりされており

チャットでも会話が展開していた

プレイヤーが悩んでいるのは万国共通らしく

「ランナーが逃げる」「マネマネが強い」

「最強のSSは誰なんだ?」

「バハムートとオーディンはいつ出てくるんだ?」

等の会話が繰り広げられている

でもフォーラムにはいろいろなデメリットも…

海外ではwikiもフォーラムもファンが立ち上げて

運用するのが一般的みたいだね

 

ただ、いろいろ調べていくうちに

下記のようなトラブルを見かけることが度々あって…

  • アカウントハック
  • 書き込みに対する不信(信ぴょう性)
  • 運用開発関係者になりすますユーザ

アカウントハック(ソーシャルハッキング

海外のフォーラムへ書き込みを行うには

登録が必要となっている場合がある*1んだけど

リテラシーが低いプレイヤーが

ゲームアカウントの引き継ぎに必要なパスワードと

このフォーラムのログイン情報のパスワードを同じにしていたため

フォーラムの関係者が

アカウントハックを行うという事案が発生

信ぴょう性

有志で運用されているフォーラムであるため

情報の信ぴょう性にかけている

その為、間違った情報が数ヶ月放置されることもあり

風評が流布され、運用に影響を与える事案が発生

運用開発関係者へのなりすまし

説明必要?

目覚めし冒険者の広場(ドラゴンクエスト10

さて、それらのトラブルの対処を

みんなどうしてるのかなーと思って探したら

意外なことに日本で見つけたんだよねw

結論から書くと

公式フォーラムにしちゃえ!」ってことなんだけどw


目覚めし冒険者の広場-ドラゴンクエストⅩプレイヤー専用サイト

f:id:jKandai:20141025134744j:plain

日本におけるフォーラムの成功事例として注目しているのが

ドラゴンクエスト10のフォーラムで

ゲーム規模が大きいので、必然的に盛り上がると思うんだけど

 

  • 運用開発関係者が話題を提供
  • 発言行為に制限をかけてコミュニケーションコストを節約
  • 重要な発言を差別化し、話題を集中させる工夫

 

などがしっかり行われているので

俺の中では「日本一運用センスが良いゲームフォーラムサービス」だと思っている

さっき話したデメリットは全てクリア

公式サービスなので

サービス運営関係者によるアカウントハックは考えられないし

プロデューサを始めとして様々な人が登場するので

情報の信ぴょう性も担保されている

関係者本人のアカウントは

プレイヤーのアカウントとは差別化されており

なりすましなどの混乱は起こらないのである

フォーラムを盛り上げる工夫や制限

このフォーラムサービスは

重要な提案や集中してもらいたい話題を運営者が拾い

提案することで

場を盛り上げているのが特徴だと思う

1人の発言者の影響が大きくなりすぎることを考慮してなのか

同じスレッド上での

同一発言者の発言回数が制限されているのも珍しいよね

それらは海外のフォーラムでは見かけることが少ないので

実に興味深い!

ここからは俺の雑談です!

ここから話が変わって

最近の俺の仕事の話(愚痴含む)になっちゃうんだけど

俺のブログだし

書きたいと思ったから書いてもいいよね…??w

 

現在も様々な方向から

プレイヤーにゲームを楽しんでいただけるように

メディアやら攻略サイトやらを提案しようと準備中してるのですが

ゲーム会社でそういうことを提案するのって

本当に難しいなって通関しています

なんていうか

プロデューサーは統計より強し!w

 

オンラインゲーム化や

ソーシャルサービスを利用したプレイヤーの大量獲得が

年々効果を上げ続けていることを考えると

プレイヤーが遭遇する様々なトラブル対応について

従来の「メールで行う1対1の対応」では

限界が来ててね

 

大規模なサポートセンターでも作ればいいの?

なんてことになるのですが

1年未満で畳んでしまうサービスが沢山あるので

それも現実的じゃないんですよ

 

いろいろな解決策はあると思っているけど

今のところ

サポートチーム自体を縮小して

他の方法でプレイヤーサポートを実現することが

一番効果的じゃないかなーって考えてます

*1:そして海外のプレイヤーはこの登録にとても積極的だ

2ちゃんねるがあれば、ゲームフォーラムはいらない?

結論から書くと

ゲームの攻略や

各キャラクターなどへのマニアックな情報交流という意味での

ゲームフォーラムには需要があると思ってるんだよね

 f:id:jKandai:20141025123014j:plain

このブログは基本的に俺が思ってることをダラダラ書くので

結論を読んで

ここから先に書いてある長い文章の察しが付いた方は

くれぐれもご無理などなさらないよう、ご自愛ください

フォーラムを会社に提案するのは大変だって話w

前にブログに書いたことねw

ゲームサービスのプレイヤーサポートについて – パラダイスインフォ

そこで下記の提案をしたんだけど

ちょっと規模が大きすぎて役員会通らなかったっていう話

  • フォーラム型のQ&Aコミュニティの設置
  • オンラインマニュアルを主旨としたFAQサービスの提供
  • テキストマイニングを利用した対応担当者評価の仕組み

フォーラム型のコミュニティだけでも通したかったなーって

未だに思ってるので

こんなブログ書いてるんだけどw

 

フォーラムを設置したいと提案した時に出てくる主な反論として

「日本には2ちゃんねるがある」からってのがあるんだよね

2ちゃんねる」があれば

他のフォーラムは盛り上がらないの?

テラバトル攻略まとめwiki


テラバトル攻略Wiki

ファミ通が運営する「テラバトル」の公式攻略wikiがあるんだけど

コメントもちょくちょく書き込まれている模様

キャラクター個別のページに関しては

キャラクターに関するレビューや意見が書いてある

盛り上がっているかどうか以前に

需要はありそうだよね

神撃のバハムートwiki

攻略wikiで、各キャラクターにコメントがつくのは

神撃のバハムートの頃から変わってないなって思うんだよね


神撃のバハムートwiki

この手のゲームでは珍しく

ノーマルカード(例えばファイター)にも沢山のコメントがついているのが印象的

2013年頃から更新が盛んになり

カードがリリースされると

そのカードへのコメントがつくという状況が

しばらく前まで続いていた

※最近は更新が滞っている様子

もっと調べてみると

トレーディングカードゲームMTGとか)では

既に当たり前の状況になっていた

神撃のバハムートがTCG的に作られているのであれば

同じ流れになっていてもおかしくないか

 

確かに、「2ちゃんねる」があれば

「交流」「提供」を目的とするフォーラムは必要無さそう

でも、「攻略」「ニッチな話題」について話したいなっていう

ニーズは満たせないのかもしれないね!

ゲームサービスのプレイヤーサポートについて

会社の2014年下半期を振り返る総会が先日行われたので

この半期の仕事を振り返ってるんだけど

新しいプレイヤーサポートの仕組みの提案を通せなかったのを

反省しながら2015年度上半期へ進みたいかな、なんてね

 

提案が通せなかった要因として

  • 規模がでかすぎる(予算的にも、組織的にも)
  • 内容が突拍子もなさすぎる
  • 国内でその手法が受け入れられるか説明できなかった

ってのがあって

 

その辺りを説明できなかったことについて

自分の実力の無さを反省しているわけ

ということで

久しぶりに真面目な仕事振り返り系ブログを書こうと思うw

f:id:jKandai:20141011091514j:plain 

“ゲームサービスのプレイヤーサポートについて” の続きを読む

ゲーム攻略メディアの時代

CEDECが終わり

新年度も迎えるので
時期的にゲーム攻略メディアが乱立する時代が来ると思いますが
ファミ通とApp Bankで
大抵の人は満足すると思うんですよね
で、そんなゲーム攻略メディア界隈に
ユーチューバーたちも参入して来ると思うので
カオスな業界になっていきそうだから
プロゲーマーのギルドみたいなのがあると良いよなって考えたりしてて…
かつてプログラマイラストレーター、カスタマーオペレーターの職種に訪れた
職能搾取的なトラブルとかが
やがて
ゲーム攻略系ユーチューバーにも訪れるんじゃないかな
この辺のことって
まだ起こってないから
考える人少ないと思うけど
そういう話も
エンターテイメント業界に携わっている人と話していけたらイイなって思って