Splatoon 2 試射会〜どのコントローラーでプレイするべきか

2017/03/25 4:00から始まったSplatoon2試射会。頑張って早起きして射ち初めを楽しみましたが、今回も結構楽しい!!

WiiUからNintendo Switchに変わったことで、再びダサいイカに逆戻り。操作がかなり違う様に感じられ、慣れるまでに3試合くらいかかりました。チュートリアルをじっくりやりたかったかも。まあ、プレイして慣れろってことか。

Xボタンでマップを開いてしまう事故が多発する件

twitterも見てたけど、Xボタンがジャンプじゃなく、マップを開くボタンであることで、「激戦中にマップを開いてしまった」という書き込みが幾つかありましたね。

もちろん俺もやりましたw

ゼルダの伝説BotWをプレイしているせいか、Xボタンでジャンプしたくなってしまうので、製品版ではオプションで切り替えられると良いな。

でも、ジャイロを切っている場合、Bボタンでジャンプする方が楽な印象がありました。逆にジャイロを入れている場合はBボタンジャンプを使うのには慣れが必要かな…なんて。そう考えると、どのコントローラーを選択するかが、このゲームを楽しむ上で重要になりそう。

ProコントローラーとJoy-Con、どっちでプレイする?

前作と異なり、コントローラー操作が中心になっているため、どのコントローラーをチョイスするかが、ジャイロに影響するよね。個人的な使いやすさは以下の順番でした。

  1. Proコントローラー(WiiU版でも同様だった人にオススメ)
  2. Joy-Conをグリップに装着して持つ
  3. Joy-Conをフリーハンドで持つ
  4. Joy-Conにストラップを付けて持つ(手が大きい人向け)

全部試しましたが、マジで全然違う。

WiiU版で遊んでいた人にオススメ。ジャイロ感はタブレットに近いと感じました。

前作で「Proコントローラーにジャイロ入れたい」とか、ヌンチャクをゴムバンドで固定する人がいた記憶がありますが、確かにコントローラーでジャイロついていると遊びやすいですね、このゲーム。

設定はこんな感じでOK。ジャイロが早くても手元が安定しているので、そこまでフラフラしない感じだと思います。

Joy-Conをグリップに装着した時と比較すると、Rスティックの位置がABXYボタンの位置の斜め下にあるのはかなり違うと思います。これにより、Bボタンジャンプが使い易く感じられるんですよね。

一方で、Joy-Conでプレイする場合、やっぱりXボタンジャンプを復活させて欲しいと思います。RスティックとBボタンの位置関係が気になってしょうがない…><

Joy-Con利用時はジャイロの操作感度を下げました。手元のちょっとした動きでジャイロが敏感に反応するので、想像以上に画面がグルグル回り、酔いそうになりました。最終的にスピードを最低にまで落としたのですが、-3以下だとジャイロ振れが抑えられて、焦点を定めやすくなったように感じます。

Joy-Conをグリップに装着するべきかですが、ゲームに慣れていないなら装着したほうが良いと思います。コントローラーが固定されていることで、手元が安定し、落ち着いて操作できると思います。

「ジャイロが得意かどうか」を判断基準にするのも良さそうですね。グリップに付けないプレイは楽で良かったのですが、最初は気がついたら地面や空を眺めてしまう(そして死ぬ)w。

また、ストラップをつけるかどうかですが、俺はストラップを付けていないほうが持ちやすいと感じています。あれ付けると落ち着かない気がするんですよね…><

それでは、薪を炊いてお昼までぼーっとしましょうかね…w

昼の部では新しい武器「マニューバ」を試したいと思っています!

 

ゼルダの伝説BotW〜各地で紹介されている料理レシピをアレンジして楽しむ

クリアしてもまだまだやることがあるゼルダの伝説BotWですが、達成率とは関係なく、料理のレシピを探してあちこち冒険しています。レシピはクエストなどでも教えてもらえるのですが、最近は、宿屋や民家の中に掲載されているものを探して再現するのが楽しいです。

レシピはこんな感じで壁に掲載されています。これはイチカラ村の建物の中にありました。そのまま作ると「上肉シチュー」になります。

「ケモノ肉」「フレッシュミルク」「タバンタ小麦」「ヤギのバター」で「シチュー」が出来上がるようです。

このレシピは材料が4つしかありませんね。こういうレシピはアレンジの余地が残っています。シチューのアレンジとしては以下の様なパターンが考えられます。

  1. ケモノ肉のグレードを変える
  2. ケモノ肉を増やす
  3. キノコを加える

アレンジ例1。「極上ケモノ肉」にして、数を2つに増やした場合です。回復効果が高くなるのもそうなのですが、材料を5個にすると大成功料理が出来上がりやすい気がします。

アレンジ例2。ビーフシチューにトリュフって合うよねって思ったので、ゼルダの世界でも試してみた例ですが、最高級肉料理になったようです!俺も食べてみたい!!

肉料理にキノコを追加すると、キノコを追加すると、キノコの特殊効果が追加されるので、冒険する地方に合わせてアレンジするのも楽しそうです。

レシピが固定されていると思われる料理もあるようです。これはイチカラ村に掲載されているクレープのレシピ。なかなか手に入らない「ガンバリバチのハチミツ」が含まれています。クレープが好きなので、これも作ってみました。

レア食材が入ったためか、ハート回復量が多いですね。本当は「いちご」や「りんご」を入れたかったのですが、材料枠に空きがないので、アレンジは難しそうです。

ハイラルの世界でもっと料理がしたいですね。追加コンテンツを楽しみにしています。アップデートで料理レシピをシーカーストーンに保存できるようにならないかなー。

 

ゼルダの伝説BotW〜リトの兄弟岩で小鳥たちを愛でる

ゼルダの伝説、ラスボスの「厄災ガノン」は討伐出来たのですが、クリア後の達成率を見たら20%にも満たなくて、「え、これでも結構頑張ったんですけど!!」ってびっくりしています。やっていないクエストがたくさんあるんだろうな…と思って、クエスト消化したり、祠を探したりしている最中です。

ダンジョンクリアの時しか立ち寄らなかったのですが、リトの村でたくさんクエストが発生することが分かり、簡単そうなものから片付けていると、子供のリト族の五姉妹が歌の練習をするというほこらチャレンジが発生。

「サーモンムニエルが食べたい」という女の子をなだめるべく、兄弟たちが「サーモンムニエル」の材料を探し回っているので、一人ずつ声をかけてまわると、「マックスサーモン」「タバンタ小麦」「やぎのバター」が手に入る。

え?

自分で作るんだw隣で喜んでる三女のゲンコちゃん(緑)。彼女が歌の練習をサボって「ムニエル食べたーい」って言っていた理由も憎めないもので、プレイしながら楽しい気分にw

こういうクエストで覚えるレシピって、かなり使えるものが多いんだけど、「サーモンムニエル」は、体力全回復した上に追加体力+4という、かなり良い料理だった…。たまに作りに来よう!

で、無事に姉妹たち全員を兄弟岩の前に集合させることに成功。

長女ナン(赤)、次女コッツ(黄)、三女ゲンコ(緑)、四女グリグリ(青)、そして五女キール(紫)がズラッと並んでいますね。これがこの後に行われる謎解きのヒントになってた。でも謎解き自体はそこまで難しくない感じだった。

謎解き完了!姉妹たちに注目されるリンク。こういう写真を気軽に撮れるようになったNintendo Switch、本当に良いゲーム機だなぁ…。

祠の登場に驚きつつも、すぐに母親にこの感動を伝えようとするシーンに、なんだかほんわかしてしまいますね。

家まで競争!!こうしてリト族の子供たちは村に帰っていきましたとさ…。

▼おまけ

あ、コケたwこういう演出もいいですね。もっとこの子達に関係するクエストを遊びたいなーって思ったよ。

ゼルダの伝説BotW〜amiibo装備強化に必要な「星のかけら」を探してます

ゼルダの伝説を購入して一週間が経ちましたが、メインクエストよりもサブクエストが充実していて中々クリアできそうにありません。

ようやく水と火の神獣を解放したので、半分くらいは進んだかなって感じですが、寄り道に命をかけ、山があれば上り、川があれば下り、東に湖があれば行って大妖精を探すようなプレイをしています。

水の神獣攻略は、乗り込むところもダンジョンもボス戦も大満足の出来だったので、何回も遊びたいけど、これ、一回しか遊べないんだよね…。それと、ボスの「水のガノン」を図鑑に登録し忘れて意気消沈しましたw

ところで、ゼルダの伝説シリーズのamiiboを使うと、たまにそのamiiboに関係した装備が手に入りますね。

一般に販売している装備より弱いので、「おまけ程度かなw」と思っていたのですが、どうやら、二人目の大妖精に賄賂を送る出会うと強化できることが判明(何人いるんだろ?)。「星のかけら」というアイテムが必要だと分かり、「そんなの見たことないよ」ということで、あちこち探しています。

ヒントは出てくるものの、「星のかけら」は全く見つからない…。これは、欲しいと思っていると手に入らないという例のアレか…なんて思っていたところ、山の向こうに隕石が落ちていくような光を発見。そして、その後、謎の黄色い光線があがったので、もしかして、そこにあるのかも!!

マップにマーキングをして急いで向かうも、朝が来たら消えてしまいました><

次こそは絶対ゲットしたい!!

ファイアーエムブレムの体験会&ニコ生収録に来たよ!

今日はファイアーエムブレム・サイファの体験会にきてます。

f:id:jKandai:20150622194713j:image
ファイアーエムブレム・サイファは、その名の通り、ファイアーエムブレムのトレーディングカードゲーム。
今年注目のTCGです。
それをいち早く体験できるとあって、池袋の会場に、います(現地で更新しています)。
これから生放送です。
体験した感想は、シンプルなルールで覚えやすく、豊かなキャラクターやその人間関係が魅力的なゲームでした!
続きは生放送が終わってから書きますね!

Splatoon体験会で5時間待ちしてます

f:id:jKandai:20150523145530j:image

秋葉原のヨドバカメラマルチメディア館で行われているSplatoon体験会。

30分前に着けば余裕っしょなんて思っていたら、11時30分の段階で既に5時間待ちの整理券配ってました。
人気過ぎでしょ!
f:id:jKandai:20150523145112j:image
Splatoonは任天堂の歴史を変えるゲームだからな…
ヘッドショットを狙い続ける小学生がいたり、勝って歓声、負けてため息だったりと、すごい盛り上がりを見せてますね!
f:id:jKandai:20150523150103j:image
ディスプレイかわいい!
プレイヤー席にはamiiboの展示もありましたよ!
早く遊びたいけど、あと一時間くらい待ち時間あるよw
来週はたくさん遊べるかな?

Splatoon(スプラトゥーン)

Splatoon(スプラトゥーン)

Splatoon(スプラトゥーン) [オンラインコード]

Splatoon(スプラトゥーン) [オンラインコード]

スプラトゥーン コウリャク&イカ研究白書 (ファミ通の攻略本)

スプラトゥーン コウリャク&イカ研究白書 (ファミ通の攻略本)

  • 作者: 週刊ファミ通編集部,週刊ファミ通編集部書籍
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2015/05/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

「ソーシャルゲーム業界」という括りでゲームを語るのってどうなんだろ

日本の「ソーシャルゲーム」という括りの幅が大きすぎて、その括りで分析を行うとデータマイニング芸が映えるなー、なんて思っています。

newspicks.com

この記事内で提示される500億の壁」は狭い状況で作られた幻影で、「ソーシャルゲーム業界」(?)という世界が狭いだけじゃないですか。
そもそもこの記事、「プラットフォーマーとコンテンツメーカーが混在」「タイトルで見るべきケースと企業全体で見るべきケースが混在」してて、雑だし。

「ソーシャルゲーム」とは

ソーシャルゲーム – Wikipedia

ソーシャルゲームは、下記の2点を満たしていると定義していますね。

  1. SNS上で遊べる
  2. SNSアカウントとブラウザで遊べる

「ソーシャルゲーム」について何か議論をするとき、その効果範囲を最初に定義しないと、「じゃあクラッシュオブクランはソーシャルゲームなの?」「キャンディクラッシュはソーシャルゲームだよね?」みたいなよくわからない議論が展開されることが、実際にたくさんあります*1

極端な話、「バンダイナムコエンターテイメントは?」「スクウェア・エニックスは?」なところまで発展してもおかしくないでしょう。

SNSが縮小しているから売り上げに限界がある

ソーシャルゲーム業界は飽和しているかどうかについて意見を求めるコメントがNewsPicksでついていました。

ミクシィが絶好調ではあるのだが、グリーやガンホーも500億直前のところまで絶好調で伸びて、その後に線がポキっと折れたこともあり、どうなるか。全体としては、市場が飽和しているのか、それとも例えばDeNAの任天堂IP活用など含めて再成長するのか。(一部抜粋)

Kato Jun
ユーザベース チーフアナリスト

「SNS上で遊べる」という条件を考えると、スマートフォンにおけるSNSの利用時間が縮小していることから、ソーシャルゲームは飽和というより、そもそも市場が小さくなっているだけでしょ。

プラットフォームに依存した流通形態なんだから、。

スマートフォンゲーム業界として考えるとどうか

SPEEDA総研の記事は、スマートフォンゲーム業界で考えるべきでしょうね。

既存企業が良くも悪くもファットなので、そこから壁を超える企業が出てくる可能性は低く、全く新しい企業がこの壁をサッとこえて既存企業が焦る、みたいな展開を(勝手に)予測しています。

Nintendoの参戦で状況が変わる感じもありますね。

ゲーム業界全体で考えるべきなんじゃないの?

Nintendoやバンダイナムコエンターテイメントなどがプレイヤーとして参加し、海外企業もどんどん割り込んでくる業界なのに、なんでGREEとかDeNAとかの話ばかりしているのだろう???

みたいな。

*1:クラクラはソーシャルゲームじゃないけど、キャンディクラッシュはソーシャルゲームです

「これからはMOBAライクなゲームが流行るんじゃないの?」と言い続けて半年以上経ちました

昨年10月から「これからはMOBAライクなゲームが流行るんじゃないの?」って話をしていましたが、俺みたいな無名のブロガーがそんなことを言っても誰にも相手されなかったので、個人的にMOBAを中心としたポストe-sportsゲームを追いかけ続けてきたのですよ。

で、今日になって。

gamebiz.jp

これからはスマホでも

(A)「対戦」が来ます。
(B)遊んでいない人も楽しめる「価値」がないとダメです。

どちらかといえば今後は(B)の要素がとてもアツくなり、(B)を最大化しやすいゲームシステムが(A)といった感じです。(B)を満たしていれば対戦である必要はないが、これまでのゲームの歴史だけみると、対戦に帰結することが多いですね。

わー!影響力がありそうな人がこういう話をしてる!
記事内にVaingloryも取り上げられています。

VaingloryとSplatoonは、日本のゲームシーンに影響を与える

ポストe-sportsとして、2015年はSplatoonとVaingloryが日本のゲームシーンに大きな影響を与えると予測しています。
この流れに乗じて、日本のe-sportsへの関心は加速していくのではないでしょうか。

ポップでキャッチーなTPSとして日本人に受け入れられるSplatoon

Splatoon(スプラトゥーン)

Splatoon(スプラトゥーン)

安藤・岩野の「これからこうなる!」にも書いてありますが、洋ゲーと呼ばれているものを日本向けにポップにアレンジしたものが増えていくと思います。

本邦においてはMOBAと言われても、コア過ぎてピンとこないお客さんがほとんどでしょうから、そういった売り文句ではないけども、中身は実はMOBAみたいなゲームがいいですね。(中略)このくらい見た目がスマホ向けにPOPにプロデュースされたものが国内では勝ちます。

さらに、そのように日本ナイズドなアレンジがされたゲームが、海外でも注目を集め、親しまれるようになる、というのが、俺の見解です。

Splatoonは、TPSという、日本人のライト層にはまだ難しいと思われていたものが、見た目や音楽、UIや操作性がポップでキャッチーにアレンジされていますね。
他にも面白いと感じさせる要素はたくさんあるのですが、特にこれらの部分が日本人に受け入れられるんだと思います。

そして、それは、とても遊びやすいということです。

最初から日本を意識して作られていた(?)Vainglory

Vaingloryは早い段階から日本人プレイヤーを意識していますよね。

Vainglory

Vainglory

  • Super Evil Megacorp
  • ゲーム
  • 無料

追加キャラクター第二弾「TAKA」は日本を意識した世界観、キャラクター設計が施されております。

blog.2dice.info

これ11月ですよ。
この時、「あーもうすぐ日本でVaingloryが遊べるんだ!」って思いましたもん(でも半年くらい待たされることになりましたけどね!)。

日本では、このゲームが「MOBA」であるということをあまりアピールしていません。
「MOBA」というジャンルが認識されていないからでしょうね。

このゲームの日本プレイ人口が増えていることは、Vainglory Fansiteを運用していて強く実感します(このブログよりアクセス数多いよ!w)。

世界で受け入れられているゲームが、日本でも話題になったことを考えると、その逆もまた起こるのではないかと、期待しています。

海外でヒットしたシステムが数年遅れで日本でも流行る

サンシャイン牧場や怪盗ロワイヤルとかそうなんだけど、海外でヒットした作品が、いつの間にか日本向けにアレンジされてヒットするっていう流れ、まだ続いていると思っています。

なので、これからソウルクラッシュっぽいゲームブームが来るんじゃないでしょうか(適当な予想w)。

Soul Clash(ソウルクラッシュ)

Soul Clash(ソウルクラッシュ)

  • GaeaMobile
  • ゲーム
  • 無料

今後、ソーシャルゲームで流行していたカードバトルライクな「キャラクターたくさんいて、レベル上げに特化した」デザインのゲームは少なくなり、「少数のキャラクターに複数の育成分岐があり、バトルの戦略をプレイヤーが考えて実行する」デザインのゲームが市民権を得ると推測します。

最近、「レベルを上げるのはゲームを攻略するため」というプロセスが逆転して、「ゲームをするのはキャラクターのレベルを上げるため」になっていると感じています。
それは、「暇つぶし」がゲームを楽しむ主目的となっているからかもしれないですね。

「暇つぶし」から「じっくり遊ぶ」へ回帰するスマホゲームシーン

Vaingloryやランブルシティといった、「1プレイ数十分」というゲームが出てきたタイミングで、様々なスマートフォンゲームアプリの広告効果が下がり始めているのを見、もしかしたら「ゲームを攻略する」方面の目的に回帰し始めているのかもしれないと考えるようになりました。

日本でリリースされたタイミングで、既に海外に遅れをとっている

ここ最近、スマホゲームの開発に1年以上かかることが多くなってきているので、そういう海外ゲームシステムが日本で流行するタイミングで、海外では、そのシステムが過去のものとなっているわけです。

今後キャンディクラッシュやクラッシュオブクラン、ソウルクラッシュを追いかけるであろう(いや、もう追いかけ始めてますけど)日本のゲーム開発シーンに関して、「本当にそれで良いの?」と思っています。

ハッピーバースデー&バレンタイン!2月の振り返り

f:id:jKandai:20150215121551j:plain
マーク・トウェイン曰く、人生に特別な日は2つあって、その一つが自分が生まれた日で、もう一つは生まれた理由を知った日らしい。
人生に目的を持つことが、どれだけ大事なことなのか。
先日34歳になり、そのことを改めて考えたりしています。
と、いうことで、3月も中旬にさしかかろうとしていますが、2月の振り返りです。

アラサー後半のオッサンが10代の頃の夢を求める

ここ数年は、今の会社が5年後にどの様に成功しているかを考えながら働いていたんだけど、あまりにもキリキリしていたようで、親友から「もっと自分のために生きたら?」という指摘を受けてしまいました。
そこで今、いろいろと人生を見直していて、手始めに、小中学時代にやりたかったけど出来なかったことに手を染めているんですよ。
ダンスとか水泳とか。
実際にやってみるとこれが結構楽しくて、「あー、オッサンって言ってもまだまだこんなに挑戦できるんだ」なんて、満ち足りた気持ちに溺れています。
水泳は既に半年くらい続いていて、先日の健康診断では、体重も減り、変な胃の病気も治ってたことが分かり、ますます元気なオッサンになり、今度は英語を勉強し直そうと考えてるんですね!

ユーミンさんと過ごす(?)特別な誕生日

初めて苗場にユーミンさんのライブ「サーフ&スノー」を観に行ったんです。
f:id:jKandai:20150215123301j:plain
そこで知ったんですけど、このライブは、どうやら俺が生まれたタイミングで始まったらしい。
destiny!?
最初、エジプトっぽい衣装で現れた時、俺は「すごい!CGみたい!!」と大はしゃぎ。
ライブは残念ながら誕生日の日付になる直前に終わってしまったのですが、誕生日になった瞬間、多分ユーミンさんは俺の近くにいたと思われます!!
ライブ?
超楽しかったっすよ!

六本木歌舞伎へ!


六本木歌舞伎「地球投五郎宇宙荒事」

バレンタインは日本人らしいことをしようと思い、六本木歌舞伎を観ました。
行くまで全然気づかなかったんだけど、これ、宮藤官九郎絡んでるのねw
俺の中ではクドカンは、「初めマイルド終わり巨大化」っていうイメージが有り、「どうせこれも最後は巨大化して終わるんだろ?」と思っていたら、本当に巨大化して終わってしまったので最高に傑作でした。

でも、最後は泣いていました。
凄い寂しいストーリーだったので。。。

2月のゲームはドラゴンクエスト…と、書きたかった

プレイステーション4のゲームはクソばっかなの?
なんなの「ドラゴンクエストヒーローズ」!!

ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城

ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城

 

スクエニのゲームはもう買わないと思わせるほどの威力がありまして、操作性悪くて、脚本つまらなくて、音楽無駄遣いで、プレイングキャラもどうかしてる上にボリューム少ないという、何重にも苦しみが積もりまくった作品でした。

唯一面白いと感じたのはギガンテス戦くらいで、その先のボスは何も面白みを感じませんでした。

ハッキリ言いますと、ゼルダ無双の方が俺は好きです。

ゼルダ無双 (通常版)

ゼルダ無双 (通常版)

 

特にキャラクター育成部分は、ゼルダ無双くらいが調度良いと思っています。
ゲームプレイ中にレベルアップするのはいいかもしれませんが、誰がいつレベルアップしたのか気づきにくいっていうのはダサい仕掛けだなーって思う。
スキル振り分け超面倒なのに、振り分けたのに実感が湧かないのもツマンネェ。

育てたら、ちゃんと、強くなったことを実感させて欲しい。

「ドラゴンクエストヒーローズ」を本当にツマラナイゲームにしているのは、ルールだと思うんだよね。

あのキャラクターやシステムを活かして、攻城をメインとしたMOBAっぽい仕組みで出していたら、もっと楽しかったのになーって思った。

大量のドラクエモンスターを率いて、相手チームの城を奪いに行くの。

無双+聖剣伝説ヒーローズオブマナみたいな感じ。

聖剣伝説 ヒーローズ オブ マナ

聖剣伝説 ヒーローズ オブ マナ

 

FINAL FANTASY 9 無双が出る時は、是非、これで!!

ええ、もちろん、ナイン縛りです!! 

ファイナルファンタジー?

ファイナルファンタジー?